引越し業者尼崎

引越し業者を尼崎で選ぶ方法

引越し業者尼崎

引越し費用 尼崎

引越し料金 尼崎

引越し価格 尼崎

引っ越し 業者 尼崎



たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると尼崎市だけでも60件以上ヒットします。

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

引越し一括見積もりはこちら




あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。




複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい

・クロネコヤマトの引越が人気

クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ




引越しの費用と繁忙期


引越し費用と繁忙期


引越しには繁忙期(オンシーズン)と通常期(オフシーズン)とがあります。
繁忙期と通常期には費用相場に差があります。

引越し相場と繁忙期


日本は4月から新学期を迎えますので、新大学生や新社会人は3月に新生活のために一斉に引越しをするのです。
さらには春の人事異動で、新天地に移動するサラリーマンも加わって、3月は引越し業者が最も忙しい時期なのです。

のんびり準備していていざ引越し業者に見積もりを依頼したら、どこの業者も予約が一杯で断れたという方もいます。
ギリギリキャンセルが出て引越しは出来たけど、思っていたよりもはるかに費用が高かったという方もいます。

このように繁忙期・通常期に限らず、引越しの準備は早めに行いましょう。
新居の住所がわかったらすぐに手配しましょう。

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れますので、簡単に業者を比較することができます。
繁忙期といえど、引越費用には差がありますので少しでも安く引越しできるといいですね。


引越しの初期費用


引越し安く


引っ越しするにはいろいろなお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
どんなものがあるのか確認してみましょう。

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けるという形です。

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習です。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。仲介手数料無料の会社もあります。

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
実は火元が自分でない火事で、もらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために火災保険には加入しておきましょう。

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は身内がいない方も多いため、連帯保証人ではなく身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
マスターキーを返還してもらってもスペアがあれば侵入できてしまいます。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。


このような初期費用がかかります。


引越しとあいさつ


引越しの挨拶


引越ししたらご近所に挨拶に行きますか?
引越ししたらそこに長く住む可能性がありますので、挨拶は引越し当日か翌日に行くようにしましょう。

その時ちょっとした手土産があると、挨拶しやすいです。
高級品は必要ありません。500〜1000円程度のお菓子、洗剤、タオルなどを用意しましょう。

ではどこの家まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方に挨拶に行くのが一般的です。
集合住宅の生活音は案外気になりますので、挨拶をしておきましょう。
大家さんが近くに住んでいるならそちらにも、管理人さんがいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言いますが聞いたことはありますか?
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しておこうというものです。

一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっているかと思います。
自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。
戸建て、とくにマイホームであればご近所トラブルは避けたいものです。


引越し費用を安くする条件


引越し安く


引っ越し費用を少しでも安くしたいなら、条件などを今一度見直ししてみませんか?

引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますので、引越し日までに荷物をできるだけ減らしましょう。
不用品を運ぶ費用は勿体ないです。

そして3月前後は繁忙期で1年で最も引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期に引越しするのは避けたほうがいいです。

もしどうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに引越し業者に一括見積もりをして、一番安くてサービスの良さそうな業者と契約してしまいましょう。
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

そして土・日・祝日は引っ越ししたい人が多いので、平日に比べると費用が高めになります。
引っ越しは平日がおすすめです。


午前中に配送を終わらせて、午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
時間に余裕があるなら、午後便もしくは時間指定しないフリー便にすれば割引してくれると思います。

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間などの条件を変えると安くなる可能性があります。





引越し業者松戸